So-net無料ブログ作成

メイン水槽のメンテ [アクア系]

メイン水槽の換水作業を行いました。
*尚、今回は感度高めでの撮影です。 全体的に画像荒めですが、ご了承下さいませ~。

自宅には幾つか水槽があるのですが、一番大きいのがこの60cm水槽です。
家人によると、居間にあるので親しい方などが来た時には、この水槽を見て癒されているそうです。
照明はタイマーに連動させているので、その間自分は平日仕事で出ていて見る事はありませんが、
その代わりに、週末にはじっくりと眺めて自分も癒されています~。

↓かなり混んできた換水&トリミング前のメイン水槽。
→big
以前、魚を買ってきた際に一緒に袋に入っていた "マツモ" ですが、入れておいたら、
かなり増殖しました。
水槽の導入期には、割りと重宝するので、これをまたトリミングして増やしていきたいと思います。
ちなみに、この水槽の住人は、"ラスボラ・ヘンゲリー(Rasbora hengeli)" をメインに、
ほか清掃要員として、ヤマトヌマエビ" や "石巻貝" が数匹づつと、"オトシンネグロ"×1匹 が、
どこかに潜んでいます。

このラスボラ・ヘンゲリーですが、ADA(地元新潟のメーカー)のギャラリーで初めて見かけて以来、
その美しさに魅了されています。[るんるん]
よくホームセンターなどのペットコーナーで売られているラスボラ系としては、"ラスボラ・エスペイ" や
"ラスボラ・ヘテロモルファ" がいますが、このヘンゲリーは全体がシルバー~透明感のある体に、
鮮やかなオレンジ色のラインがとても美麗です。
群れを成して泳ぐ姿は優雅そのもので、数が多いほど見ごたえがあります。
(ご興味ある方はググって見てね^^)

下の画像はなかなか粗めで見難いですが、実際はもっと綺麗なんですよ~。
コンパクトカメラだと、ここら辺が限界かもです。[もうやだ~(悲しい顔)] 
右下は、ちょっと〇〇中ですが、半透明な体に斑点模様が美しいヤマトヌマエビです。
 
→big                                                        →big

水草関係では、気がつけば大きな葉を出して、かなり勢い付いてきた "タイニムファ" が
目立ちます。 (下の画像)
かなり以前に、通販で球根付きで購入したのですが、最近まで 「あまり元気が無いな~」なんて、
感じていました。
新年が明けてから再びALLリセットをかけましたが、その際にフィルターもワンランク上の物に
変更(クラシックフィルター2213 → 2215)。 また同時に、ろ材もミネラル分を溶出するものを
一部混ぜてみました。

このおかげなのかどうか、数日後から目に見えて水草の勢いがちがってきました。
以前に比較して "タイニムファ" もすぐに大きくて赤い葉を出しはじめて、今はこんな状態です。
ちょっと分かり難いですが、下の黄色い矢印が配置後間もない頃です。

左:セット約二週間後(2011.06.13) / 右:現在の様子(2012.01.29)
 
→big                                           →big

ホント大きくなりました~。[わーい(嬉しい顔)] 色は、あまり赤くならないと聞いていたのですが、思っていたよりも
赤くなりました。 *一緒に写っている魚はラスボラヘンゲリー
 
→big                               →big

そして、換水&トリミング作業終了後の図。 
スッカスカですが、この後またすぐに繁茂してくる事でしょう。
魚たちの遊泳スペースも確保出来て、これで運動不足解消です。
→big

換水後は水草に気泡が付きまくりです! 
特に、アメリカンスプライト(シダ系水草/左下)には、毎回無数の泡が付いて、
まるで沢山の実が生った別の植物にも見えます。[ぴかぴか(新しい)]
作業が終って、これを見るのが楽しみのひとつではありますが、思わず見入ってしまって、
時が経つのを忘れてしまうのが玉に瑕ですね~。
 
→big                                                        →big

ポチッとして頂くと嬉しいです。[かわいい]
にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ


あしあと(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

2012年登り初め [山ブログより]

登り初めに行ってきました。
昨年と同様に、今年の登山もこの弥彦山(634m)から始まりました。
年が変わってから、すぐに登ろうと思っていたのですが、用事が重なった事と天候が安定しない事で
延期していました。
この日の予報は一旦冬型が緩み、雪もそれほど降らないという事でしたので、
欲張ってご来光なんぞも見れるかも、と淡い期待をしながら山に向かったのですが・・・

登山開始が遅くなって焦りましたが、空には雲が立ち込めていたので、途中からご来光は諦めて
ペースDownです。[バッド(下向き矢印)]
そのおかげもあって山頂に着くまで汗も最小限に留める事が出来たので、汗冷えの心配もなく
結果オーライでした。

山頂に到着した時点では、厚い雲に阻まれて陽射しも無かったのですが、展望は良く効きました。
距離にして、4~50kmといったところでしょうか。
解像度が高くないので分かりにくいですが、白い部分はほとんどが水田で、
その間に街並みや道路が確認できます。 肉眼では、良~く見えているですが。[たらーっ(汗)]

日本海側から吹きつける風の影響で、体感温度がグッと低く感じられます。
素手でレリーズするのも2回くらいが限界ですね。
太陽の陽射しも期待できそうも無いので、あとは数枚だけ撮ってすぐ下山しました。
9合目付近に売店やレストランなどが入った建物があって風除けにもなるので、そこまで下る事にしました。
→Big(800x520)
予想通り、建物の陰では海からの風もほとんど当たらずに、結構快適です。
のんびりと熱いお茶でも飲みながらくつろいでいました。
しばらくして、辺り一面まばゆい光に包まれて、何かと思えば太陽が厚い雲を抜け出して顔を出したようです。
これだけ良い天気になるとは想像していなかったので、嬉しい誤算でした。
再び山頂を目指して登り始めたのは言うまでもありません。[わーい(嬉しい顔)]
 
→Big                                          →Big

山頂からの光景は、想像を超えていました。
壁のように分厚い雲の遥か上から太陽の光りが降り注ぎ、白い大地を照らしていました。
白く雪の積った水田が、輝いていて何か別のものに見えますね。
側に居た他の登山者が言いました。 「まるで海でも見ているみたい~♪」 と。
そう言われてみれば、島が点在する穏やかな海にも見えます。

今回の登山は、過去登った中でもかなりインパクトが大きく、記憶に残るものとなりました。
こういう景色こそ是非とも大判カメラで撮りたいところですが、コンデジしか持っていないので
その点についてだけは悔いが残ります。[もうやだ~(悲しい顔)]
→Big(800×560)     →Big(1280x896)


大きな地図で見る

※ 詳細は、別途 山ブログにて。 山がすき! 平成24年 登り初め

ポチッとして頂くと嬉しいです。[かわいい]
にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ


あしあと(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。