So-net無料ブログ作成

機材など ブログトップ

デジタル一眼入手! [機材など]

先日、一眼レフ(DXフォーマット)を購入しました。

今まで使ってきたコンデジ(Power Shot G11)が調子悪くなってきました。
絞りなどの値を設定するダイヤルが、回してもほとんど反応しないのです。
反応したとしても、逆の方へ値が変化していったりして・・・。

一番使う部分なだけに、撮る度にもどかしくてイライラしたりしてました。 流石に撮る気も無くなります。
使い始めて4年目ですし、コンデジはこんなもんなんでしょうね[ふらふら]

で、家族に相談の結果、次期モデルが発売間近の情報があって、価格もおそらく底値であろう D7000 を
購入するに至りました。 (ボディのみですが)
発売当時が14万円近くしたのですが、ヨドバシC.で、ポイント考慮を加味して6万円台で買う事ができました。
 
→640×480                                      →640×480

付属品は、コード類・バッテリー&充電器、取説やその他諸々。
一緒に、ネックストラップ,SCカード,アイピースアダプタ(DK-22),接眼補助レンズを購入しました。
  
→360×480                       →360×480                     →360×480

現在のコンデジ以前に、数年の間がありますがフィルム一眼を使っていました。 Nikon FAです。
参考に大きさを比べてみると、こんな感じです。 D7000はさすがに電子部品の塊りでずんぐりしてますねー。
両方のグリップを比べると、FAの方が自分には握りやすく感じました。
D7000の方は、まぁ、これから使い込んでいくうちに慣れるでしょう。
 
→640×480                                       →640×480

D7000を使い始めるに当たって、ファインダー部分はFAに使っていたアイカップ(接眼目当て/DK-3)を
流用する事を考えていました。
FAに付けていたものを取り外して、それをDK-22と接眼補助レンズでサンドイッチします。 

後は、D7000に付いている接眼目当て(DK-21)を上方へスライドさせて取り外し、代わりに組み合わせたものを
上方から差し込みます。 これで、FAライクな、ファインダーの完成です[るんるん]
 

D7000は、マウンド部に露出計連動レバーがあるので、非CPUレンズ(特殊なものを除き)でも絞り優先AEもしくは
マニュアルでの撮影が可能です。 AFは開放F値がf/5.6以上明るいレンズでフォーカスエイドが可能という事です。

残念ながらAFレンズを持っていないので、D7000を使う際には、当面FA時代に使っていたマニュアルレンズと、
借り物のAFレンズで、撮影する事になります。 ↓は借り物のAFレンズと今はお蔵入りのMFレンズたち。

前後しましたが、取説のこの厚さはなかなかです。 完璧に覚えるには時間がかかるでしょうね~。 実に悩ましい[あせあせ(飛び散る汗)]
 
→640×480


機材など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。